50年代アメリカで起きた人種差別暴動に着想『サバ―ビコン 仮面を被った街』5月4日公開、ニュータウンの真実をシニカルに描く
© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
 

映画『サバ―ビコン 仮面を被った街』 が、5月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

 

1950年代の郊外住宅で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに描く本作。理想的な家族、街、アメリカのメッキがはがれていく過程をスリリングに捉えている。


監督はジョージ・クルーニー。脚本をコーエン兄弟。主演にマット・デイモン。今回は平凡なファミリーマンの顔の裏に秘密を隠したクセモノの主人公を演じている。その妻と双子の姉役にはジュリアン・ムーア。『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で脚光を浴びたオスカー・アイザックも出演する。

 
『サバ―ビコン 仮面を被った街』
原題:Suburbicon

監督:ジョージ・クルーニー

脚本: ジョエル&イーサン・コーエン、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ

出演:マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック

2017年/アメリカ/105分/カラー/ドルビー・デジタル/2.35:1/字幕翻訳:野崎文子/映倫G

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

© 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

公式サイト:suburbicon.jp




| eigapress | 映画ニュース | - | - |