←prev entry Top next entry→
『第25回レインボー・リール東京 〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜』7月9日開幕!『ゲイビー・ベイビー』など日本初公開作が数多くラインナップ

 

『ゲイビー・ベイビー』

 

 

LGBT(セクシュアル・マイノリティ)題材の映画を上映する「第25回レインボー・リール東京 〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜」が、7月9日から7月15日まで東京・新宿三丁目のシネマート新宿、7月15日から7月18日まで東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」という名称で1992年より開催され、回を重ねるごとに規模が拡大した同映画祭。昨年、運営母体として「NPO法人レインボー・リール東京」を設立したことに伴い、今年から映画祭の名称も「レインボー・リール東京」に改め、新たな一歩をスタートさせる。

「レインボー・リール東京」では、レズビアンやゲイだけでなく、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど、様々なセクシュアリティを題材にした作品の上映を通じて、多様で自由な社会が創造される場となることを目指すと共に、公開される機会があまり多くないセクシュアル・マイノリティをテーマとする国内外の作品を紹介することによって、映像文化の創造に貢献することを目的としている。


同映画祭では、長編12作品に加え、短編4作品を上映。長編作品には、『NO』『ザ・クラブ』の名優アルフレド・カストロが主演を務め、昨年のヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に輝いた『彼方から』をはじめ、第88回アカデミー賞外国語映画部門のタイ代表作品『チェッカーで(毎回)勝つ方法』、女性同士の倒錯的な愛の関係を見事な映像美で描き、議論を巻き起こした問題作『バーガンディー公爵』、同性カップルを親に持つ4人の“ゲイビー”の日常を追うドキュメンタリー『ゲイビー・ベイビー』など、日本初公開の作品が数多くラインアップ。

 

『彼方から』

 

『バーガンディー公爵』


また、グレッグ・アラキ監督のレトロスペクティブ企画として、1993年の劇場公開当時、ゲイ版『テルマ&ルイーズ』として話題になったニュー・クィア・シネマの代表作『リビング・エンド』のデジタル・リマスター版と、スコット・ハイムの小説『謎めいた肌』を原作とする青春映画で、『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットの繊細な演技が光る『ミステリアス・スキン』の上映も行われる。


グレッグ・アラキ監督

 

『リビング・エンド(デジタル・リマスター版)』

 

『ミステリアス・スキン』

 


短編作品には、アジア、太平洋地域でのLGBT映画の支援や振興を目的として、昨年設立されたAsia Pacific Queer Film Festival Alliance(APQFFA)のアライアンスに加盟する映画祭推薦作品がラインアップ。『虎の威を借る狐』『ソウォル路の夜』『ママには言えない私の秘密』『スクール・デイズ』の4本が、「QUEER×ASIA 〜APQFFA傑作選〜」として、日本で初公開される。上映作品の詳細や上映時間、鑑賞料金については、同映画祭のオフィシャルサイトで確認しよう!

 

 


『スクール・デイズ』

 


【イベント情報】
「第25回レインボー・リール東京 〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜」

会場:シネマート新宿
住所:東京都新宿区新宿3丁目13-3 新宿文化ビル6F
会期:7月9日〜7月15日

会場:スパイラルホール
住所:東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F
会期:7月15日〜7月18日

 

 

公式サイト:http://rainbowreeltokyo.com/2016/




| eigapress | 映画ニュース | - | - |