←prev entry Top next entry→
ポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作『残像(原題)』2017年6月に岩波ホールにて公開決定

 

 

 

10月9日に急逝したポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の最新作であり遺作となった『残像(原題)』が、2017年6月に岩波ホールにて公開されることが決定した。

 

ワイダ監督は、ワルシャワ蜂起など史実に材を取った作品を撮り続け、レジスタンスの体験を基にした『世代』(54)、対ソ連の地下抵抗運動を描いた『地下水道』(56)、第2次大戦前後のポーランド社会の流転を描いた『灰とダイヤモンド』(58)など、「抵抗3部作」で国際的な評価を獲得。1981年にカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞し、2000年には米アカデミー賞名誉賞を受賞した。

 

公開が決定した『残像(原題)』は、アヴァンギャルドなスタイルで有名なポーランド人画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描いた物語。1945年、スターリンがポーランドへと侵略の手を伸ばす中、ストゥシェミンスキは社会的リアリズムの方針と自身のアートが歩み寄ることを拒否。そのことから迫害され、大学の教授の椅子から追放され、美術館の壁からも作品は排除された。数名の学生たちの協力を得て彼は党に対して闘いを挑み、文化人の全体主義 (個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の1つ)に対するアーティスティックなレジスタンスのシンボルとなった。

 

『残像(原題)』は、2017年6月、岩波ホールほか全国ロードショー。

 

 

ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ
1893年11月21日〜1952年12月28日、ミンスク生まれの画家。マレーヴィチの助手を経て、彫刻家の妻カタジナ・コブロと共にポーランド前衛芸術の地盤を築いた。1924年ポーランドに移住。「空間概念の操作に基づく超時間的絵画」をめざすウニズムを唱えた。全作品はウッチ近代美術館に所蔵されており、1930年〜34年の作品は非具象の古典といわれる。代表作に「海の風景」(34年)、「ウニズム的コンポジション」など。

 

 

 

 

【作品情報】

『残像(原題)』

原題:Powidoki

英題:AFTER IMAGE

監督:アンジェイ・ワイダ

脚本:アンジェイ・ワイダ、アンジェイ・ムラルチク

撮影:パヴェウ・エデルマン

出演:ボグスワフ・リンダ、ゾフィア・ヴィフラチュ

2016年/ポーランド/ポーランド語/98分/カラー/シネスコ/ドルビー5.1ch/DCP

2017年6月、岩波ホールほか全国順次ロードショー




| eigapress | 映画ニュース | - | - |