←prev entry Top next entry→
映画『この世界の片隅に』累計動員数が早くも10万人突破、テアトル新宿では1週間の興行収入がこの10年間で歴代1位に

 

この世界の片隅に』ポスタービジュアル (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

 

片渕須直監督、こうの史代原作のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、11月12日(土)より、テアトル新宿、ユーロスペースほか全国で上映中だ。

 

本作は、戦時中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性・すずの日々を描いた物語。片渕須直監督が、こうの史代の同名漫画に惚れ込み、約6年の歳月をかけ、徹底的な時代考証、現地考証を重ねて映画化した。主人公・すずを演じるのはアニメ声優初主演の女優のん。音楽をコトリンゴが担当している。

 

 

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

 

2週目の、11月19日(土)、11月20日(日)の週末興行成績は、5,679万8,980円、動員は3万9,638名。公開館数は初週より5館増の68館、前週比124%の動員となり、全国映画動員ランキングで再び10位にランクインを果たした。累計動員は11万7,332名、累計興収は1億6,289万9,760円と、早くも10万人を突破している。

初週土日は、男女比8:2で、30〜40代が中心となっていたが、平日にシニアや学生が多数来場し、土日比で大幅に落ちることなく、満席の映画館も続出。2週目となったこの土日は、男女比5:5、ファミリーや学生の姿も多くみられ、都市部では外国人客の来場も増えており、性別・年齢を問わず幅広い層が劇場に詰めかけた。


また、テアトル新宿においては、1週間の興行収入がこの10年間での歴代1位の記録を達成した。(11月12日(土)から11月18日(金)の週計は動員7,687人、興収¥11,359,400。)

 

 

 

 

【作品情報】
この世界の片隅に』
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世/澁谷天外
企画:丸山正雄 

監督補・画面構成:浦谷千恵 

キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 

製作統括:GENCO 

アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式サイト:http://konosekai.jp

テアトル新宿、ユーロスペースほか大ヒット公開中




| eigapress | 映画ニュース | - | - |