←prev entry Top next entry→
ダニエラ・ヴェガ主演『ナチュラルウーマン』チリ映画界初の快挙、セバスティアン・レリオ監督のコメント到着

 
第90回米国アカデミー賞の授賞式が日本時間5日に開催され、セバスティアン・レリオ監督、ダニエラ・ヴェガ主演の『ナチュラルウーマン』が外国語映画賞を獲得した。外国語映画賞の受賞はチリ映画界初の快挙となる。
 
映画『ラブレス』や『ザ・スクエア 思いやりの聖域』などの有力候補がノミネートされる中、同部門で見事な栄冠を手にした本作。3月3日に行われたインディペンデント映画の祭典、第33回インディペンデント・スピリット・アワードでもインターナショナル作品部門で受賞を果たし、オスカーを有力視されていた。
 
授賞式ではセバスティアン・レリオ監督が「本当にありがとうございます。素晴らしい贈り物です。アカデミーの皆さんありがとうございます。友人たちにも感謝したいと思います。プロデューサーのパブロ・ララインにも。キャストにも感謝します。特に素晴らしい俳優フランシスコ・レジェスとインスピレーションを与えてくれたダニエラ・ヴェガに。この映画は多くの友人たちの力でできたものです。彼らと賞を分かち合いたいと思います。そして永遠に愛している妻とも。」と喜びを語った。
 
 
映画の舞台はチリ、サンティアゴ。物語はウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナが、歳の離れた恋人の急死によって、思いもかけないトラブルに巻き込まれるというもの。
 
ヒロイン・マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。監督は、パブロ・ララインを輩出するなど躍進目覚ましいチリ映画界が生んだセバスティアン・レリオ。
 
映画『ナチュラルウーマン』は、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開中。
 
『ナチュラルウーマン』
原題:Una Mujer Fantástica
英題:A Fantastic Woman 
監督・脚本:セバスティアン・レリオ
出演:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ
2017年/チリ・ドイツ・スペイン・アメリカ作品/スペイン語/104分
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
Ⓒ2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA
 



| eigapress | 映画ニュース | - | - |