←prev entry Top next entry→
『イタリア映画祭2016』開催、タヴィアーニ兄弟など日本未公開の新作を東京で12本&大阪で7本上映!


今年で16回目の開催を迎える『イタリア映画祭2016』が、東京の有楽町朝日ホールで4月29日(金・祝)から5月5日(木・祝)まで、大阪のABCホールで5月7日(土)と8日(日)に開催される。

『イタリア映画祭2016』では、2015 年以降に製作された日本未公開の新作イタリア映画を一挙に上映。会場では、ルネサンス期の作家ボッカッチョの古典的名作「デカメロン」を、タヴィアーニ兄弟が翻案した『素晴らしきボッカッチョ』をはじめ、パオロ・ソレンティーノ監督の助監督を務めたピエロ・メッシーナが、大女優ジュリエット・ビノシュらを迎えた監督デビュー作『待つ女たち』、『はじまりは5つ星ホテルから』を手掛けた女性監督マリア・ソーレ・トニャッツィが、名優マルゲリータ・ブイとサブリーナ・フェリッリを迎えて描く2人の女性が主人公のロマンチック・コメディー『私と彼女』など期待の新作映画が上映される。

また、東京会場ではルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年を記念し、都会での過酷な現実にもがく5人兄弟の愛憎と葛藤を、当時の南北イタリアの経済格差などを背景に、アラン・ドロンらを迎えて抒情的に描いた『若者のすべて』が4Kデジタル完全修復版をもとにしたDCP素材で上映されるほか、今年1月に84歳で亡くなったエットレ・スコーラ監督を追悼し、ソフィア・ローレンとマルチェッロ・マストロヤンニが共演した愛の物語『特別な一日』が上映される。『特別な一日』も4Kデジタル完全修復版をもとにしたDCP素材で上映される。

さらに、本イベントでは、来日ゲストによる開会式や舞台挨拶、トークセッションなどが予定されている。各会場の上映作品や上映スケジュールなどの詳細は、オフィシャルサイトをチェック。なお、各会場のチラシはオフィシャルサイトでダウンロードできる。


 
『イタリア映画祭2016』
会期:4月29日(金・祝)〜5月5日(木・祝)
会場:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 マリオン11階)

『イタリア映画祭2016大阪』
会期:5月7日(土)〜8日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島1‐1‐30)


料金:
前売り 一般1,450円、学生・60歳以上1,350円
当日 一般1,700円、学生・60歳以上1,600円

公式サイト:
http://www.asahi.com/italia/2016/


〈東京会場の上映作品〉

A.『処女の誓い』(監督:ラウラ・ビスプリ)
B.『俺たちとジュリア』(監督:エドアルド・レオ)
C.『素晴らしきボッカッチョ』(監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ)
D.『地中海』(監督:ジョナス・カルピニャーノ)
E.『失われた美』(監督:ピエトロ・マルチェッロ)
F.『待つ女たち』(監督:ピエロ・メッシーナ)
G.『あなたたちのために』(監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ)
H.『私と彼女』(監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ)
I.『暗黒街』(監督:ステファノ・ソッリマ)
J.『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』(監督:ガブリエーレ・マイネッティ)
K.『フランチェスコと呼んで−みんなの法王』(監督:ダニエーレ・ルケッティ)
L.『オレはどこへ行く?』(監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ)
X.『若者のすべて』(監督:ルキノ・ヴィスコンティ)
Y.『特別な一日』(監督:エットレ・スコーラ)


〈大阪会場の上映作品〉

C.『素晴らしきボッカッチョ』(監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ)
B.『俺たちとジュリア』(監督:エドアルド・レオ)
G.『あなたたちのために』(監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ)
K.『フランチェスコと呼んで−みんなの法王』(監督:ダニエーレ・ルケッティ)
H.『私と彼女』(監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ)
L.『オレはどこへ行く?』(監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ)
I.『暗黒街』(監督:ステファノ・ソッリマ)


〈上映作品の各ビジュアル〉

A.『処女の誓い』(監督:ラウラ・ビスプリ)



B.『俺たちとジュリア』(監督:エドアルド・レオ)


C.『素晴らしきボッカッチョ』(監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ)


D.『地中海』(監督:ジョナス・カルピニャーノ)


E.『失われた美』(監督:ピエトロ・マルチェッロ)


F.『待つ女たち』(監督:ピエロ・メッシーナ)


G.『あなたたちのために』(監督:ジュゼッペ・M・ガウディーノ)


H.『私と彼女』(監督:マリア・ソーレ・トニャッツィ)


I.『暗黒街』(監督:ステファノ・ソッリマ)


J.『皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」』(監督:ガブリエーレ・マイネッティ)


K.『フランチェスコと呼んで−みんなの法王』(監督:ダニエーレ・ルケッティ)


L.『オレはどこへ行く?』(監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ)


 
映画プレスのFacebookもチェックしよう!



| eigapress | 映画ニュース | - | - |