←prev entry Top next entry→
blurのドキュメンタリー映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』公開決定!



blurのドキュメンタリー映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』が、6月4日(土)より東京の新宿ピカデリー、大阪のなんばパークスシネマ、 愛知のミッドランドスクエアシネマ、広島の広島バルト11ほか全国で順次公開されることが決定した。

「Song 2」などの曲で知られるblurは、デーモン・アルバーン、グレアム・コクソン、アレックス・ジェームス、デイヴ・ロウントゥリーの4人によるイギリスのロックバンド。ギタリストのグレアム・コクソンは2003年に同バンドを脱退したが、2009年に復帰している。ライヴ映像が豊富に盛り込まれた本作では、2015の2月に発表されたアルバム『ザ・マジック・ウィップ』の制作過程から同年7月に8万人を集めて行われたハイドパークでの野外コンサートの活動までを追う。

監督は、NETFLIXのオリジナル作品『ジミー・カーの怪しいビジネス』やメアリー・J.ブライジのドキュメンタリー映画『Mary J. Blige: The London Sessions』などを手掛けたサム・レンチ。撮影は、バド・ガリモアと、2013年9月にロンドンのアレキサンドラ・パレスで行われたビョークのステージを収録したライブドキュメンタリー『ビョーク:バイオフィリア・ライブ』を担当したブレット・ターンブル。

映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』は、6月4日(土)より東京の新宿ピカデリー、大阪のなんばパークスシネマ、 愛知のミッドランドスクエアシネマ、広島の広島バルト11ほか全国順次公開。なお、新宿ピカデリーとなんばパークスシネマは2週間限定上映、そのほかの上映劇場は1週間限定の上映が予定されている。





 
『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』
出演:デーモン・アルバーン、グレアム・コクソン、アレックス・ジェームス、デイヴ・ロウントゥリー
監督:サム・レンチ
撮影:ブレット・ターンブル、バド・ガリモア
編集:ハミッシュ・リヨン、ベン・ウェインライト-ピアース、レグ・レンチ
製作:ニーヴ・バーン、レジーヌ・モイレット、ビル・ロード
2015年/イギリス/カラー/93分/原題:BLUR: NEW WORLD TOWERS
配給:松竹メディア事業部
宣伝:ビーズインターナショナル
© Blink TV 2015
公式サイト:
http://blur-movie.jp/
2016年6月4日(土)より、[東京]新宿ピカデリー [大阪]なんばパークスシネマ [愛知]ミッドランドスクエアシネマ  [広島]広島バルト11 以降全国順次上映

 



| eigapress | 映画ニュース | - | - |